美容ドリンクを手作りするメリット・デメリット

美容ドリンクを手作りするメリット・デメリット

コンビニやドラッグストアなどで様々な美容ドリンクが手軽に手に入るようになり、美容ドリンク自体がとても身近なものになっています。しかし、市販のものが必ずしも自分にとって美味しいものであるとは限りません。

もちろん美味しくなくても体に良いのだから飲めるという人もいると思いますが、それを続けるとなるとストレスを感じて逆効果になってしまう人もいるでしょう。最近では自宅で美容ドリンクを手作りしているという芸能人の話もよく聞きますし、ネットで検索すれば様々な美容ドリンクの作り方が出てきます。手作りするのはもちろん時間も手間も必要です。生ものを扱うので、前日に作って翌朝飲むのでは成分の劣化が起こり逆効果になる場合もあります。

メーカー品では食品などからは摂取しづらい美容成分などを配合するなど、市販のドリンクだからこそできるものがあります。自宅で作る美容ドリンクにももちろんメリットがあります。まずは味の調整がしやすいことです。

野菜やフルーツをミキサーにかける方法が一般的ですが、飲みにくいと感じればはちみつやヨーグルト・牛乳や豆乳など自分が好きなものを混ぜて好みの味にしていくことができます。

また、毎日その日の気分や体の状態・目的に合わせて入れるものや味を変えることができます。市販品と手作りをうまく組み合わせて、ストレスなく長く続けていけるのが理想的です。